大切なことを学んだアルバイト経験!

社会人になる前に学べてよかったこと

上下関係を学んだアルバイト

私は小学生の頃、五反田に引っ越してきて、高校卒業までそこで暮らしていました。住んでいたのは西側で、わりと静かなところだったのですが、高校生になってアルバイトをすることになって、同じ西側は少しいやだなと思い、あえて東側でアルバイトを探しました。中学の頃の部活の先輩が働いていると聞いていたマクドナルドで面接を申し込み、見事採用となり、そこで働くことになりました。

中学の頃、私が所属していた部活は文化部ということもあり、上下関係があまり厳しくない部活でした。先輩や後輩とも仲が良く、完全に友達のような関係になっていました。しかし、先輩と一緒に働くことになり、いざ働き始めると、先輩は中学の頃の友達のような関係から、仕事をする上でのきちんとした上下関係となりました。

少し寂しくもありましたが、それが社会というものだと思い、私もきちんと上下関係を意識するようになりました。最初はちょっと緊張しましたが、だんだんそういう関係が心地よいものに変わっていきました。アルバイト中はバイトの先輩としてきちんと叱るべきところは叱ってくれましたが、一旦アルバイトが終わると、帰り道は以前と同じような仲の良い関係に戻ることができました。

私は高校時代、マクドナルドの仕事を通して礼儀を学びました。もし高校時代にアルバイトをしていなかったら、社会に出てかなり苦労していただろうなと思います。中学の頃は中学の頃で楽しかったですが、やはり上下関係というのは大切なことだと思いました。

Leave a Reply

Powered by WordPress. Theme by Sash Lewis.