大切なことを学んだアルバイト経験!

社会人になる前に学べてよかったこと

あいさつを大事にしよう

あいさつは何をするにも基本的なことです。バイトの面接の際にも、あいさつがあるのとないのでは全然好感度や第一印象が違います。もちろんあいさつをしない人は論外、という採用側の人もいます。ですので、明るく元気にあいさつをするように心がけましょう。そして採用された後のバイトでも、一番初めに入った日に特に気合を入れてあいさつをしましょう。これから長い期間一緒に働くことになるであろう先輩たちにあいさつも出来ないと思われるのは良くないことです。今後の人間関係や仕事にも影響してくると思うので、まずはあいさつからしっかりしましょう。

また、接客としてのあいさつも重要です。日本で働く限り、お客様、顧客が入ってきたらまずはいらっしゃいませのあいさつから始まります。そのあいさつがないお店は元気がないように見えるし、あまり利用したくないな、と思われても仕方ありません。アメリカやインドなど、諸外国では「いらっしゃいませ」にあたいする言葉がないそうです。このいらっしゃいませという、お客を重んじおもてなしの心が入った言葉を大切にしましょう。

しかし、当然のことながら言葉だけのあいさつはだめです。面接でもあいさつはするけど面接官の顔を見ない、暗くぼそぼそ言っているなどという態度だと、好印象にはなりません。あいさつだけではありませんが、相手に届かなければ意味がありません。接客のときも同様、明るく言わなければただ言っただけ、と思われて不快に感じられるでしょう。心のこもった言葉、あいさつが出来れば、バイトをするときだけでなく色々な場面で役に立つと思います。

Leave a Reply

Powered by WordPress. Theme by Sash Lewis.